借入前に気をつけたい総量規制の仕組みとは

総量規制という言葉をご存知でしょうか。キャッシングを借入するのなら、誰もが一度は目にする制度の一つです。特に、多額の借入を検討している方は、この総量規制が大きな影響力を持つため、必ず確認しておきましょう。

総量規制とは、簡単にいえば借入金額を制限するものです。年収の3分の1までしか借入れられないよう制限を設けているもので、一つの金融機関で計算されるのではなく契約している金融機関全てで計算されるものです。そのため、事前に自分の年収を把握して計算しておかないと、満足した金額を借り入れできない可能性があるのです。

ただし、銀行からの借入れとなれば、話は別です。あくまでも消費者金融からの借入れにはこうした総量規制がかかってきますが、銀行からの借入れに総量規制は存在しません。どうしても借入額に納得ができないのなら、こちらから借入れてみましょう。

総量規制を設けることによって、余分な借入れを防ぐことのできるメリットもあります。借入額が大きければ大きいほど、当然返済の負担も大きくなります。総量規制は何も悪い面ばかりではないため、そうした制限にも意味があることは覚えておきましょう。できれば、総量規制内で借入れを終わらせてしまうことが理想的です。

このページの先頭へ